自分らしさをお伝えできる着付師名刺

公開日:2014年4月27日

手作り名刺でもお店に注文する名刺でも、自分らしさを演出できると素敵だわ~と思います。ビジネス名刺ももちろん良いと思いますが、大切にしていきたい日本伝統文化を継承していく私たち着付師は少しだけでも自分らしさを出して作った名刺の方がお客様はホッコリしてくださるように思います。

単に連絡手段としての名刺ではなく、ご縁の証の様な・・・。

印象に残るようなデザインを

昔の堅苦しい私のあの名刺(初めての着付師名刺)と違って、現在ではビジネス名刺もとてもセンスがあり格好良い名刺が多いですね。

多くの方と名刺交換をする場合は、とにかく印象に残るようでないとその後のご縁も見込めませんものね。どのようなご職業の方でも、名刺を作られるときはデザインをよく考えていらっしゃると思います。

私たち着付師の場合、多くの方と名刺交換をすることはまずないかと思いますが、やはり印象に残ってほしいわ・・・と願いますね。その後のご縁を期待します。

着付師名刺に顔写真を載せる

今の名刺は、写真を載せるデザインも多く、お相手様にしっかりと覚えて頂くことが出来ますので良いアイディアですね。

着付師名刺に写真付きはいかがでしょうか。
ん・・・。
女性の場合は、ヘアースタイルやお召し物で雰囲気が全く変わってしまいますね。
お着物姿で名刺交換をし、お着付けの時は着付師スタイルとなりますと、全く別人に思えることもあります(汗)

お写真を使用する場合、着付け教室運営のお立場の場合はお着物で、着付師としての場合は着付師スタイルが良いのかもしれません。

似顔絵やキャラクターを載せる

自分自身と分かるようにオリジナルのキャラクターや、サイトやブログを運営されている方ですとプロフィル画像なども印象に残りますし、運営サイトやブログをご覧くださっている方ですと親しみを感じやすくて良いですね。

イメージカラーを大切にする

サイトやブログを運営していますと、そのイメージからというものが出来あがってきますね。自ら意識してそのように持って行っているとは思いますが、色のイメージというのは印象に残りやすいですので、着付師名刺もそのサイトカラーをメインにされると良いですね。

極端にかけ離れてしまうと、何となく結びつきにくく感じてしまうかもしれません。これからサイトやブログを始められる方はご自身のイメージカラーを考えて作られると統一されて素敵です。

印刷文字の大きさ

一般的な名刺の場合と違い、ご高齢の方にお渡しする機会も多い着付師名刺。あまりにも小さすぎる文字にしてしまいますと、目を通して頂いても理解して頂くことは難しくなります。せっかくの機会を逃してしまうことになりますし、お相手様に申し訳ありませんね。極端に小さな文字にはならないよう、レイアウト等も考えたいですね。

印刷文字の色

文字を大きくしても、文字のお色が薄くては大変読みにくくなりますね。
またはっきりし過ぎるお色や、名刺全体がカラフルすぎますと、それはそれでまた目に負担がかかってしまいます。せっかくのご縁ですから、名刺の隅々まで目を通して頂けるよう文字のお色にも配慮したいと思っています。


当サイトは着付師・着付講師の小春が運営しています

小春の着付師ブログ・・・小春日和*小春流着付*

twitterアイコン facebookアイコン Google+ このエントリーをはてなブックマークに追加 YouTubeアイコン ダウンロードマーケットアイコン
よろしくお願い致します

わたくし小春の名刺はVistaprintプレミアム名刺です

小春の着付け師名刺・・・現在のわたくし小春の着付師名刺
小春のフォトブック・・・着付師にお役立ちのフォトブック

ビスタプリント:プレミアム名刺 ビスタプリント:フォトブック

サブコンテンツ

このページの先頭へ